ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

手術不可能なガンが、水溶性キトサンで放射腺治療の副作用もなく縮小










初めは膀胱がんの発見からはじまりました。 

そこから腸に転移し、腫瘍があまりに大きいために手術も不可能でした。

治療は放射線治療でした。

その際にあらわれるきつい副作用を回避するために、水溶性のキトサンを一日4250ミリグラム

を5回に分けて飲むことににしました。

水溶性のキトサンをすすめたのは妻でした。


彼女はガンに効果のあるものを必死に探しまわり、水溶性のキトサンにしたのでした。

効果はすぐに出ました。たった二週間、水溶性キトサンを飲んだだけなのに、

放射腺治療の副作用がまったくあらわれないのです。

それだけではありません。

腸に転移して大きな腫瘍があったはずなのに、なんと二センチまで小さくなっていました。

一番喜んだのは、本人の私より妻のほうでした。

彼女は自分が探してきた水溶性のキトサンのすごい効果で、もう鼻高々という感じでした。

病院の治療プログラムでは、放射線治療を進め、いい結果がでたら、その時点で手術を


検討しようということでした。

「こんなによくなるなら、手術のことは後まわすとして、もうしばらく放射線治療を

続けてみましょう」

やった!という気持ちでした。

私自身、手術はあまり気がすすまなかったのです。

放射腺治療と平行して、欠かさず水溶性キトサンを飲み続け、もっといい結果が出ることを

祈ろうと考えています。


山本 治夫さん 56歳・宮城県


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル