ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

健康食品の切り札であるために










キトサンを飲用してよかった
という人は、枚挙にいとまがありません。

けれども単純な「キトサン礼讃」の時代
はそろそろ終わりを告げるべきでは
ないでしょうか。

これからは
①どのメーカーの精製度何パーセントの
  キトサン

②一日どの程度の量

③どのような栄養素(または薬)と一緒に
 飲用した結果

④医療現場でどう判断された病状が

⑤どう改善されたかを明確にしていく
  時代だと思います。

薬事法の制約があり、健康食品が効果
効能をうたえないことで、

逆に諸費者の側が商品を差別化しにくい
状況は当分続きます。

与えられる選択基準が曖昧で
ある以上、
私たちは愛飲者の話から学んだり、
信頼できる会社の製品を選ぶ
といった選択肢しか許されません。

今後、高齢化社会がますます
進むことは間違いありません。
「健康で長生きしたい」
欲求は、まさに時代の要請
なのです。


「医食同源」とはよくいった
もので、
健康食品への期待は
ますます高まるでしょう。

その中でもキトサン
”切り札”になる可能性
を秘めています。

一時的なブームで
終わらせないためにも
幻想を助長させるような
一方的な
「キトサン礼讃」
から脱却し
キトサンに何ができるか
を明確にしていく必要が
あるのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル