ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

胃がんとは 










胃は、嚢状の器官で、食べたもの
を蓄えたり消化したりする働きをしています。


食道の部分(噴門)と十二指腸の部分
(幽門)は臓器に固定されています
が、それ以外の部分は自由に動きますので、
横になっているか、立ってい
るかや食べたものの重さによって胃の位置が変わります。



 胃がんは胃の粘膜から発生します。



 胃がんは今のところ、あらゆる悪性腫瘍のなかで男女ともトップになってい

 ます。胃がんは私たちにもっとも身近な悪性腫瘍であると言えます。


 しばらくの間この傾向は続くものと考えられています。


 ただし、食事や生活習慣の変化により、若年者層では減少していますが、人

 口の高齢化により、全体としての罹患者数、死亡者数は横ばいの状態にあり

 ます。

原因と予防



胃がんの最も大きな要因としては
高濃度食塩の過剰摂取、防御因子としては
緑黄色野菜の摂取があげられています。



 栄養素の中でもベータカロテンが胃がんの抑制には作用があり、ベータカロ

 テンを多く含む食品はしそ、モロヘイヤ、にんじんパセリ、バジル、ほうれ

 ん草などです。


 ベータカロテンはビタミンA前駆体で体内でビタミンAに変化するのです

 が、ビタミンAをそのまま大量に摂取すると体内にたまり毒性をもちますが

 ベータカロテンの場合それがありません。


 またビタミンAに変化しなくても抗酸化作用はあるのでそういう意味でも胃

 がんだけでなく様々なガンの抑制と老化防止などにも貢献してくれます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル