ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

進行膵癌に対する新規薬剤の検討進む










今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO2012)
での膵癌に関する発表は、
今すぐ日常臨床に応用できるような知見
が得られたものは少なかったのですが、
膵癌化学療法の新しい選択肢の
候補として今後の結果が期待される
臨床試験の演題がいくつか発表されました。




CONKO-001試験の追跡結果から
予後予測因子を探索


開発中の新薬の話題の前に、
まずCONKO-001試験の追跡結果から長期生存
にかかわる予後予測因子を探索
した報告について触れておきたいと思います。



 膵癌に対する術後補助化学療法として、
現在、ゲムシタビンが標準治療となっていますが、
その根拠の1つとなっているのが、
ドイツで行われたCONKO-001試験です。


CONKO-001試験は、
膵癌切除術後の患者368人を、
術後補助化学療法としてゲムシタビン
を投与した群(186人)と経過観察群(182人)
に割り付け、観察するというものでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル