ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

胃がんの症状










胃がんそのものによる症状と、
胃がんに関連する胃炎などによる症状とがあ
りますが、その区別はなかなかむずかしいようです。




食欲不振、悪心・嘔吐、など誰でも年に1回や2回ある症状ですからやっか
いです。


胃がんで消化管の内腔が狭くなり、食べたものの通過が悪くなり胃が重い感
じがしたり、それで食欲がなくなったり、吐いたりすることがあります。



また合併している胃炎や潰瘍のために悪心・嘔吐が起こることもあります。
また、がん一般でもよく言われる、いわゆる「痩せる」ことと体がダルイこ
とが特徴になります。

 


よく食ベていても、がんに栄養を取られたり、
がんからの出血のために、痩
せたり脱力感に陥ることがあるということです。
さらに、吐血・下血することがあります。

 


がんの表面が崩れて出血するために
起こる症状ですが、胃炎などでも起きる
ことがあります。少量でも持続的に出血
していると貧血になります。


そして、臍の上や、時には腰が痛む場合があります。
がんに特有な症状では
ありませんが、多くの患者さんに認められる症状の一つらしいです。
胃は、がんがかなり進行しても全く症状がない場合も多くあるらしく、進行
したがんの症状は、
痛みというより食事が通らない、胃が重い、体重が減
る、食べ物がつかえるといったものです。知らない間に貧血が進み、
そのために動悸や息切れが生じて発見されることもあるとのことです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル